リモアのメリット・デメリットを知ってその魅力を実感しよう!

標準

リモアはドイツの高級スーツケースブランドです。
このブランドはその魅力から多くの方が利用しているのですが、実際にどのようなメリットがあり、またデメリットが存在するのかを紹介し、解説していきます。
これらを知ることでよりリモアの魅力を感じることができます。

リモアのメリット
リモアのメリットは伝統、機能性の高さ、長期使用に耐えられるという点です。
リモアは伝統あるブランドで、創業は1898年と古く牛革からスタートし、ジェラルミン、ポリカーボネートと素材が変わってもそのノウハウを新しい素材にも生かしてきた経緯があります。
そのブランド力は所有欲を高めるという以外にも、製品の質の高さを保証するものでもあるのです。
これは大きなメリットの一つと言えます。
機能性の高さもメリットです。
スーツケースの表面に付いている凹凸によって飛行機の移動や倒れた時のダメージを受けても中身を保護できるほか、マンションや寺院などの階段から落としても中身へのダメージを最小限に抑えます。
さらにキャスターも軽く滑りやすくなっているので持ち運びも簡単です。
長期使用にも耐えられるというメリットもあります。
基本的な堅牢性があるので、そのまま置いておいても経年劣化しませんし、質感が非常に高いので傷や表面の色落ちが風合いを高めてくれるというメリットをも生み出します。
そのため、一度買ったら古くなっても機能が落ちませんし、使い込むことで味も出るのです。

リモアのデメリット
リモアのデメリットは高額であること、場所によってはありふれて利用されていることが挙げられます。
リモアは高級ブランドなので、通常のスーツケースよりも時に倍以上の金額になることがあります。
これは仕方がないこととはいえ、若干財布に厳しいところがあります。
利用する場所によってはありふれているということもデメリットです。
空港などに行くとどれが自分のリモアか分からない位似たモデルに遭遇することがあります。
見分けがつくようにシールを貼るという手もありますが、抵抗がある方は目印になるようなものを付ける必要があるという点はデメリットと言えます。

リモアは魅力的なスーツケースブランド!
リモアは伝統あるドイツのスーツケースブランドです。
高額なわりに人と被ってしまうこともありますが、耐久性が高く長く使ってもそれに耐えられるだけの質感と耐久性を持っているというメリットもあります。
そんなリモアはとても魅力的なブランドと言え、スーツケースを購入するうえで有力な候補の一つです。

スーツケースはやっぱりリモワ!

標準

私が現在愛用しているリモワは2つ。
サルサのレッドの32Lと78L。
国内旅行や帰省などには小さいほう、長期の海外旅行や出張には大きいほう、と使い分けている。
特に32Lは機内持ち込みサイズにも対応しているので使い勝手が良いサイズ感で、かなり愛用している。

リモワのスーツケースの良いところは、なんと言っても無駄のないデザインに尽きる。
そして圧倒的な軽さと丈夫さ。
スーツケースと言えば重いハードタイプの蓋をバンッ!と閉めるイメージがあったので最初はペコペコしたポリカーボネイト素材とファスナーが頼り無く思えたけれど、これが意外にも柔軟性があって良いのだ。
リモワと言えば!のアルミニウムタイプもカッコいいけど、正直私はへこみが気になる。ポリカーボネイトは多少乱暴な扱いを受けてもちょっとやそっとでは動じないしなやかさ。
10年近く使っているが、今のところ愛用のサルサはどちらも特に不備なく使い続けられている。

今はカラフルなスーツケースは主流になり色柄のバリエーションも豊かになったけれど、妙に明るいカラーやごちゃごちゃしたプリントものは自分にはどうもしっくりこない。
派手過ぎず地味過ぎずの上品なサルサレッドは普段の服装にも違和感なくマッチしつつ、ターンテーブルから出てくるときにも見つけやすい。
リモワは現行品のカラーバリエーションも絶妙な色出しでさすがだな、と感じる。

また、車を持たずに徒歩移動が多い自分にはスムーズなタイヤさばきも重要なポイント。
私の愛用しているは共に4輪タイヤなので、安定感があって良いし、リモワは他のスーツケースのタイヤに比べて大きめなのでスムーズに動かせるし比較的長持ちする。
ストッパーがついていないので混んでいない電車の中などで手を離してしまうとコロコロと動いていってしまうのがたまにキズではあるが…。

持っているだけで気分が上がり堂々と颯爽と歩ける、そんな機能面だけではない気持ちの良さは、長年使いたいと思える身の回りの愛用品には重要なポイントである。
キズや汚れも味となって自分のものになるのも心地良い。
たまにリモワ以外のスーツケースを使うこともあるけれど、やっぱり私はリモワがいい!と毎回思うのだ。
今使っているものはまだまだ当分使えそうだけど、もしダメになってもまたリモワで買うだろう。
これからも私はスーツケースはリモワ!でいこうと思う。

軽くて丈夫なリモワのスーツケース

標準

リモワのスーツケースを10年以上使用しています。
リモワのスーツケースを選んだ一番の決め手は、軽いことです。
他社のスーツケースに比べると、とても軽かったので選びました。あけてみるとわかりますが、無駄がないのでとても軽く作られています。
最初はこんなにベコベコした感じで大丈夫かな?すぐに壊れないのかな?と不安はありましたが、10年以上使っていても壊れることはありません。
飛行機には20回以上はあずけていますが、傷はついていても壊れてはいません。

無駄がない分、荷物はたくさん入ります。中に荷物をおさえるベルトがついていますが、そのベルトは使いやすく、荷物をしっかりとおさえてくれます。
転がりやすいので、アスファルトの道路や空港内など、平らなところでの持ち運びはとても楽です。子どもでも簡単に転がせることができます。
その反面、電車ではちょっとした揺れですぐに転がっていってしまうので、おさえている必要はあります。
ファスナーで開閉するので、慣れるまでは使いにくいと思っていましたが、いまでは使いやすいと思っています。
ファスナーだと、衝撃でロックがはずれてあいてしまうという心配がありません。

最近、もう一つリモワのスーツケースを購入しました。
いままで使っていたものと違い、スーツケースの持ち手の長さを微調整することができます。
最初に買った物は持ち手の長さは2段階しか調整できないものなので、微調整することで少しだけ伸ばしたいときなどに重宝します。

リモワのスーツケースが買えるオンラインストア

https://www.suitcase-mania.net

憧れのリモワ!国内出張の頼れる相棒

標準

美しいデザインとその耐久性で人気を博すリモワ。
いつかは必ず手に入れたいと考えていましたが、なかなか購入に踏み切れず私にとっての憧れの存在となっていました。
そんな時、職場で昇格したのをきっかけに国内出張に行く機会が増えてきました。

お給料が少しだけアップしたこともあり、もしかしたら私がリモワを購入するべきタイミングはまさに今かもしれない!と思い立ちました。
思い立ったが吉日、私はすぐにリモワのショップへ出かけました。

ショップの中は圧巻でした。
憧れのリモワたちがたくさん揃っていました。
私のショッピングの条件は、「1泊~2泊程度の容量があること」と「飛行機の機内持ち込み可能サイズであること」の二つでした。
そして、悩みに悩んだ末にリモワサルサエアーの33リットルを購入しました。
カラーは飽きがこないようにブラックにしました。
購入してすぐに国内出張があったので、さっそく使用してみました。
さすが憧れのリモワ。
普段は荷造りが本当に苦手な私ですが、初めてのリモワの荷造りはとてもわくわくしました。
見た目以上にしっかりと荷物を入れることができ、驚きました。
また、ファスナー部分など細かなところの動きがとてもスムーズで、ちょっとしたところの作りの良さに感動しました。
そして、いよいよ初使用です。
使ってすぐに走行性の良さがわかりました。
とてもスムーズで、角を曲がる時などでも引っ掛かりがなくノンストレスで動かすことができました。
リモワは本当に私の頼れる相棒です。

使い込むほど味が出るリモワのアルミタイプのトパーズがお気に入り

標準

20代後半になった時、おしゃれなスーツケースが欲しいという思いで探し始めました。

リモワのアルミタイプのものは定番で雑誌などでも取り上げられていたので、2泊3日からいける63.5Lのサイズのものをネットで購入しました。

やはり何と言っても見た目がおしゃれです。他のスーツケースに比べて見た目の膨張感がないのがポイントです。

もともとアパレル関係で働いていたので、見た目とブランド性にはこだわりました。

このアルミタイプは見ただけで「リモワ」とわかるので、「リモワを持っている」というステータスが私の中では大事でした。

また、1週間の海外にも持って行っていたので丈夫なものがよく、多少へこんだりしても良いようなものということでリモワのトパーズが良かったです。

このタイプのものは、へこんだり汚れてボロボロになるほど味が出て素敵に見えるということも雑誌で拝見したことがあります。

海外では、荷物を運ぶ時に他の荷物とぶつかってへこむことがあります。案の定、一回目で何箇所もへこみましたが見た目が全部アルミなので、全体的にスマートに見えて

多少のへこみも気になりませんでした。

何度も使っていると、そのへこみや汚れの勲章もステータスにも繋がっているようにも感じました。

中の機能もしっかりしており、細かく分けて収納できるメッシュケースが付いているのも良かったですし、容量を超える1週間以上の荷物を詰め込んでもすんなり

収めることができるのも良いところでした。

リモワのレンタルが愛される理由

標準

今やスーツケースの超一流ブランドとして君臨するリモワは、海外旅行をしたことのある人なら誰でも一度は見かけたことがあるまずです。ではそのリモワのレンタルスーツケースが世界中で愛される理由は何でしょうか。愛されるには理由があるはずです。

愛される特徴の一つはまずデザインです。アルミニウムの素材に横に刻まれた大きなリブです。この加工はリモワがアルミ製のケースを1930年代に発表してからほとんど変わっていません。このデザインはシンプルで飽きがこないのが特徴です。

デザイン面でなく耐久性の面でも評価が高く、世界初の防水システムを備えています。テレビ局のスタッフを愛用すくらいのクオリティを備えています。カメラなどの機材は精密で水分を特に嫌いますから、リモワのケースはもってこいの商品なのです。防水だけでなく、湿気のコントールや熱さにも強く、デザインだけでなく、その強さが人気の秘訣でレンタルスーツケースのニーズがあります。

一流のブランドは名前だけではないことがおわかりいただけましたか。形がかっこよければいいというメーカーは数多くありますが、リモワはデザインだけでなく使い勝手でも一流なのです。

ですが、リモワはポリカーボネートの安価なものでも4,5万円〜と高価なため、リモワのレンタルが人気です。

トップブランドとして長年君臨するには、飽きられないデザインと製品自体の盤石さが必要がなのです。

 

リモワ レンタルのおすすめサイトはこちらです。

何度か借りていますが、価格が安いだけでなく、着払い用紙などが同梱されていて返送手続きなどに面倒な手間がかからず便利なのでリピートしています♪

時代の流れに合わせるリモワ

標準

旅行者なら誰でも一度は見かけたことのあるリモワのスーツケースですが、その基礎は1930年代に築かれました。しかし、昔の姿に囚われることなく、今でもリモワは時代の流れに対応して変化を続けています。

1976年の大きな変化は防水システムの導入でした。これにより、精密な機械を持ち運ぶマスコミやジャーナリストの支持を得て、その品質の高さを証明しました。次の大きな変化は2000年でした。アルミニウム素材を代名詞のように使用したリモワは、ポリカーボネート素材のスーツケースを発表しました、このポリカーボネートは耐久性にも優れ、軽さも従来のリモワ製品より優れたものでした。

スーツケースでポリカーボネートを使用するブランドは世界初で、24年前の防水加工に続き世界初の試みでした。この素材でスーツケースの軽量化が図られ、旅行者の旅が一段と軽くなりました。

このように1976年と2000の2度にわたり、リモワの大改良が行われたのです。しかもどちらも世界初で。このような素材にこだわるブランドだからこそ、世界中の旅行者の心をつかんで離さないといえるのです。常にスーツケース界の先端を走るリモワからますます目が離せません。